迷惑をかけない円満退職の仕方

迷惑をかけない円満退職の仕方

迷惑をかけない円満退職の仕方

円満退職は、会社に不利益を与えず辞めることでもあります。

 

直属の上司の上の管理者に伝えると、直属の上司に管理能力がないと思われてしまいます。

 

すぐ上の上司にまず真っ先に退職の希望を述べることが波風を立てないポイントです。

 

その人が退職をすんなり認めなかった時などはもう1つ上の人に行きます。

 

退職の期日やそれまでに終わらせておきたいことなど、踏み込んだ話をするのは会社に退職が認められてからです。

 

円満退職には、退職前にしておくべき引き継ぎや関係者への礼を漏らさず済ませることが重要です。

 

円満退職するのに大事なのは、直属の上司に上手に伝えることです。

 

上司に相談したいことがあるので、お時間をいただけますかと言い、他の社員が出入りしない場所で辞意を伝えます。

 

なぜ退職をしたいのかと言われても、会社への不満や社内の人に対する悪口は口にするものではありません。

 

場合によっては翻意を促されることもあります。

 

とはいえ、再就職先が決まっているような時は、説得されてしまわないようにしてください。

 

円満退職しなければならない理由があります。

 

円満退職しなかったら、損害賠償を請求された例があるからです。

 

例えば、1カ月以内に仕事を辞めたいという意向と、会社側の1カ月後の納品まで待って欲しいという意向がぶつかった例があります。

 

会社の意向に耳を貸さずに無理矢理退職したところ、会社は納品が間に合わず、金額の値引きを余儀なくされたという話があります。

 

結局、会社は退職者に対して会社に不利なことをしたとして損害賠償を求めたということになりました。

 

円満退職を心がけておけば、このようなトラブルも発生しなかったかもしれません。

 

会社にも自分にも損をしないよう、円満退職は重要なことです。


ホーム RSS購読 サイトマップ