円満退職のポイントは計画性とスケジュール

円満退職のポイントは計画性とスケジュール

仕事を辞める時には色々な状況があるものです。

 

円満に退職するためのコツは一体どのようなことでしょうか。

 

会社側に理由があって退職する人、自分自身に退職の理由がある人、年齢的な理由で退職するということもあります。

 

以上の2つの範疇に属しませんが、円満退職という言葉があります。

 

知人などから、円満退職して○○社に就職しましたなどという内容のはがきを受け取ることがあります。

 

周囲に波風を立てないように退職することを円満退職といいます。

 

事前に退職までの見通しを立てて、計画的に退職までもっていくことが円満退職では欠かせないポイントといえます。

 

社の就業規則を確認しなけければいけないことも、円満退社のためにはあります。

 

社内の人間関係や待遇に問題があったことが、退職の理由になった人も少なくはないはずです。

 

強引や退職や、恨みつらみが出るような退職の形を取ると、どこかで損をする場合もありますのて、どうせ辞めるなら八方丸く収まるような退職を目指しましょう。

 

円満退職するには、自分のことばかりではなく、会社や会社の取り引き先の都合を十分配慮する必要があります。

 

家族がいる場合には、家族に説明することも求められます。

 

円満退職をするために重要なことは、会社に対して退職の希望を伝える場合は今日明日にでも辞めたいといった急な話は避けてください。

 

辞意を伝えるには最低でも1か月から3か月前にしたいものです。

 

退職したいことを伝えるには、まず直属の上司にします。

 

円満退職にはちょっとした心がけが大事です。


ホーム RSS購読 サイトマップ